男性諸君、精液を増やす方法を教えようじゃないか!

男性諸君、精液を増やす方法を教えようじゃないか!

一番にテストステロンを増やす

テストステロンが増えると精液は増えますか?

テストステロンは精液を作るために使われますから、量が多い人ほど精液も多くなると考えられます。
精液を増やしたいと思ったら、まずは自分のテストステロンを増やす努力をしなければなりません。テストステロンとは男性ホルモンの一種です。男性の睾丸から95%程度が分泌されており、男性らしい体つきを作ったり性ホルモンとしても働いています。
思春期になるとこのテストステロンの分泌が多くなり、体つきががっちりとして男性らしくなったり、骨格が変化するなど体格が変わります。思春期ころから増えるテストステロンですが、30代くらいになると減少してくるため男性もホルモン変化を感じる人がいます。
例えば男性の更年期障害と呼ばれるものも、30代くらいから減少するテストステロンの量に左右されているといえます。さらに男性ホルモンはストレスでの影響も受けやすく、30代になるとかなり減少している人もみられています。
このホルモン量は個人差があるため必ずしも30代になると極端に減るわけではありません。女性のような更年期障害が見られない人がいるのもこのためで、食生活や生活習慣の努力次第ではまだまだ分泌量を維持することもできるのです。
 

 

テストステロンを増やすには

具体的にテストステロンを増やすコツを教えてください。

運動や食事の改善などでもテストステロンは増やすことができます。

 

テストステロンは30代になると減少傾向がありますが、高齢になっても高濃度を保っている人もいます。つまりテストステロンは努力次第では十分増やすことができるといえるのです。若い人でもこのホルモンが少ない人もいますから、できるだけ増やす努力をして精液の増量に努めてみてください。

 

このテストステロンは様々な方法で増やすことが可能です。筋トレをする人のほうが増加傾向にあるといわれています。結婚している人は狩猟本能が弱くなるからか分泌量が減る人が多いようです。既婚者は恋愛を獲得する闘争本能は高めることができなくても、日々筋トレを日課にしておきましょう。

 

また性ホルモンを生成するために使われる栄養素を補うことで増やすことも可能となります。その中でも亜鉛は日本人に不足している人が多く、性ホルモンの合成にも使われるため積極的に摂取することをおすすめします。

 

テストステロンが多い人ほど仕事の成績が良いことがわかっています。精液を増やすだけでなく、男性が社会で成功するためにも必要なホルモンだといえるでしょう。

 

 

精液を増やすと良いこと

精液を増やすといいことがありますか?

男性不妊症の改善や、快感を増加させるといわれています。

 

妊娠を望んでいる夫婦にとっては、精液の量は重要となります。男性の不妊症の方の精液を調べてみると、量が少ない傾向や精子自体の異常を抱えていることが少なくありません。

 

妊娠するために量はとても大切な要素となるのです。子宮から卵子まで辿り着く精子はごく一部です。精子の量が多ければ多いほど辿り着く確立も高くなるのですが、量が少ないと途中で息絶える精子がほとんどになってしまいます。

 

量だけでなく精子自体の運動量も重要ですが、精液が少ないと同時に精子に問題を抱えているわりあいも高くなるため、精液を増やすことが不妊対策にも繋がるといえます。

 

さらに排泄される量が多いほどお互いの快感も増えるといわれています。女性を満足させることができれば、精子を受け止める状態になるともいえるため、妊娠率もアップしやすくなります。

 

精液の量を増やすということはカップルには欠かせないことです。男性の不妊だと診断された方は、できるだけ精液の量を増やす努力をしてみてはどうでしょうか。若い人でも食生活や生活習慣の改善で十分増やせますし、更年期くらいの年齢になってもまだまだ改善できます。

男性不妊サプリの参考サイトをチェック

こんな人は精液を減らしているかも?

精液を逆に減らしてしまう行為はありますか?

精液は高温には弱いため、生活習慣で減ってしまうことがあります。

 

精液が溜まる睾丸は外側に露出しています。なぜ体の中に無く外側に露出しているかというと、それは精子は熱に弱くなっているからです。できるだけ体温にさらされない場所に存在する必要を持ち、熱から精子を守っているのです。

 

つまり精子や精液の量を減らしてしまう行為は、睾丸周辺を温めてしまうことなのです。次のような行為は精液の量を減らす可能性が高いため避けるようにしましょう。

 

現代人ではタブレットパソコン、ノートパソコン、スマホなどを睾丸周辺に置くケースもあるでしょう。電磁波やパソコン機器の熱でも精液は減りやすくなります。スマホをズボンのポケットに入れる行為もできれば避けたいものです。

 

長時間のサウナは健康に良い気がします。しかし精液は熱に弱くなっていますから、サウナに頻繁に行く人ほど精子の質を悪くしているかもしれません。入浴やサウナ自体はそれほど問題とはなりませんが、長時間利用することは悪影響しかありません。

 

熱がこもる服装でも危険性は高まります。トランクスのような風通しの良いパンツのほうが精液を増やすのに適しています。スキニーパンツ、ボクサーパンツは若い男性では一般的です。これでは熱がこもりやすくなってしまいます。

こんな症状がある方は注意

テストステロンが少なのはどうやってわかるの?

ある特徴を持っている人はテストステロンが少ないことがわかります。

 

テストステロンが無ければ精液は増えませんから、現在の状況でテストステロンが多いのかそれとも少ないのかは考える必要があるでしょう。もし今少ないようなら増やす努力をしなければならないからです。

 

テストステロンが減少し出すのは30代くらいからです。さらに40代や50代になるとその影響は顕著に現れてくる人がいます。テストステロンが少ない人というのはある特徴を持っていることがわかっています。

 

それは若い頃と同じ食事をしても太りやすくなった人です。中年太りになってきた方は、同時にテストステロンが減量し精液の量も減ってきている可能性があります。肥満の原因のひとつはテストステロンの減少で代謝が落ちたためです。

 

このような方はバランスの良い食事を心がけ、極端に食事は減らさないようにしてください。テストステロンや精液の原料は食事から補っているため、極端なダイエットをしてしまうとその材料自体が足りなくなってしまうからです。

 

筋肉を付けながら亜鉛やたんぱく質の摂取量に注意し、脂質を減らして食物繊維を多く摂る努力をしてみましょう。栄養はちゃんと摂りながら体重を減らすことが重要です。

 

 

男性不妊サプリの参考サイトをチェック

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ